Photoshopを使用して写真補正をする際に、必ずと行っても良いほど使用される「トーンカーブ」。Photoshop初心者にとっては取っ付きにくい物だと思いますが、これ一つで明るさ、コントラスト、色味等の調整が出来るレタッチの最重要のツールとなるので、色の基本知識もあわせてしっかり理解しておくととても便利です。Photoshop初心者に関わらず、自動補正に頼っていたり、よくわからずに使い続けている方にも参考にしていただければ嬉しいです。

 トーンカーブの基本

例としてこの画像でトーンカーブの編集ウィンドウを見てみると、「ヒストグラム」と呼ばれる画像の階調を表すグラフが表示されています。このグラフ上にある直線「カーブ」に制御点を置き、カーブの形状を操作することにより、画像の明るさや色味を調整することが出来ます。

カーブの形

 

 

カーブの形によって変わる明るさとコントラスト

操作パネルの対象チャンネルを「RGB」(または「CMYK」)の状態でカーブの編集を行うと、全体のハイライト、シャドウの強弱、明るさとコントラストを編集することが出来ます。まずはその効果をカーブの形状が「曲線の状態」か「直線の状態」という極端な例で見てみましょう。

トーンカーブのチャンネル

※今回はRGBで説明しています。

中間調(トーンカーブの真ん中あたり)を操作する

トーンカーブの真ん中あたりをグッと上に上げ、カーブに丸みを持たせると、画像全体が明るくなります。

中間調を上げる

 

逆に下に下げると画像全体が暗くなります。

中間調を下げる

 

ハイライト側(トーンカーブの右上)を操作する

トーンカーブの一番右上の部分を、カーブを直線に保ったまま左へ移動すると、画像全体のコントラストが上がります。

ハイライトを上げる

 

逆に下に下げると画像全体のコントラストが下がります。

ハイライトを下げる

 

シャドウ側(トーンカーブの左下)を操作する

トーンカーブの一番左下の部分を、カーブを直線に保ったまま右へ移動すると、画像全体のコントラストが上がります。

シャドウを右へ

 

逆に上に上げると画像全体のコントラストが下がります。

シャドウを上げる

 

「色」ごとのカーブ操作(RGBモード)

次は操作パネルの対象チャンネルを「レッド」「グリーン」「ブルー」から個別に選び、各色のカーブを操作します。感覚的に身に付けられれば、赤みが強い写真や青みが強い写真等、「色かぶり」に対する補正の仕方が解ってくると思います。各色のカーブ操作の例を見てみましょう。

トーンカーブのチャンネル

 

R:レッドを操作する

レッドのカーブを上げると、シアン(青)の要素が減少しレッドの要素が増します。

レッドを上げる

 

レッドのカーブを下げると、レッドが減少しシアン(青)の要素が増します。

レッドを下げる

 

G:グリーンを操作する

グリーンのカーブを上げると、マゼンタ(赤)の要素が減少しグリーンの要素が増します。

グリーンを上げる

 

グリーンのカーブを下げると、グリーンが減少しマゼンタ(赤)の要素が増します。

グリーンを下げる

 

B:ブルーを操作する

ブルーのカーブを上げると、イエロー(黄)の要素が減少しブルーの要素が増します。

ブルーを上げる

 

ブルーのカーブを下げると、ブルーが減少しイエロー(黄)の要素が増します。

ブルーを下げる

 

最後に

いかがでしたでしょうか?今回書かせていただいたのは「トーンカーブ」の本当に基本的な考え方と効果です。他の補正ツールもそうですが、「トーンカーブ」は操作によって画質や色が損なわれることも多々ありますので、経験やデジタル画像に対する知識も必要になってきます。

最近ではPhotoshopの性能もかなり向上し、アップデートの度に自動で補正できる機能もたくさん登場しています。ただ、プロのレタッチャーやデザイナーは、トーンカーブ等の操作方法や基本概念を知り尽くし、自動補正等は使わずに非常に細やかなコントロールを行い、写真補正や写真合成を行っています。

機会があれば、トーンカーブを使用した画像の補正方法等も書いてみたいと思います。