ブログを運用するにあたって、もっとも重要なのはコンテンツ。そのコンテンツをつくる、所謂「記事を考える」時間は非常に大切です。人気のある記事、アクセス数の多い記事というものは、やはり準備をしっかりとし、調べ、念入りに書いた記事に集まります。その時間を多くとる為に、その他の事務的な作業を効率化し、且つ、効果的なプラグインをまとめてみました。この記事をご覧いただいている方々に有益なものとなれば幸いです。

1.アイキャッチ画像の自動化 「Auto Post Thumbnail」

投稿記事のクリック率を向上させるのに、有効な「アイキャッチ」ですが、意外と設定で面倒ですよね。ものの数分の作業ですが、じつはこの作業を自動化してくれるプラグインがあるんです。投稿記事の最上部に掲載されている画像を自動でアイキャッチ化してくれます。このプラグインの素晴らしいところは、画像データだけではなく、Youtubeを埋め込んだ場合はYoutube内の動画サムネイルを自動取得しアイキャッチ化出来るという部分です。動画コンテンツをWordpressで構築する際には絶大な威力を発揮するプラグインです。

2.ツイッターの引用を10倍高速化。 「oEmbed Tweet」

記事のコンテンツを書いていると、Twitterを引用して掲載したい時ありますよね。その際、通常の引用手順を踏まずにWordpressの投稿画面内にURLを貼りつけるだけで、自動的に引用表示させるというプラグインです。世間的に盛り上がっている内容のコンテンツや時事ネタもののコンテンツなどはTwitterの引用が多くなりますので、そのようなコンテンツを運用されている方向けのプラグインと言えるでしょう。

3.目次、かつページ内スクロールをプラグイン一発で。 「Smooth Scroll Links」

コンテンツの量が多いと良く見る「目次」。目次の各項目をクリックすると該当コンテンツまでページ内で遷移するという仕組みですね。その目次を簡単に掲載し、かつスムーズなページ内移動をも実装してくれます。その挙動をプラグイン一つで実装可能です。1記事の情報量が多いコンテンツ向けのプラグインです。

4.クリック率、直帰率改善の重要点。スライドショーを実装するプラグイン 「WordPress Content Slide」

メインビジュアルをスライドさせるプラグインです。使い方も非常にシンプルで WordPress Content Slide をインストールして、スライドショーを表示させたい部分にタグを記述するだけと、Wordpress初心者の方にも優しい仕様となっております。当然のように、スライドショーのサイズや枠線(border)の設定、リンクの設定等もオプション画面から簡単に設定可能です。

5.テキストエディタ利用者必見。HTML、ソースコードを呼び出せる 「AddQuicktag」

ある程度Wordpressを使いこなせるようになり、HTMLでコンテンツをかけるようになると、ビジュアルエディタ以上に、テキストエディタの方が使いやすく感じることも多くなってきます。特にCSSまで触れるようになると、ビジュアルエディタを使うことは殆どなくなるのではないでしょうか?DreamWeaver等のタグ補完型のエディタを利用された方はご理解いただけると思いますが、補完になれてしまうと、Wordopressのエディタは使いづらい部分が多いかと思います。そんな方にはこのプラグイン。このプラグインではWordpress上部に表示されているタグの補完ボタンをカスタマイズできます。よく利用するタグを登録してスピーディに呼び出し、記事作成の時間短縮におおきく貢献するでしょう。

6.特定キーワードをリンク化。 「WP Keyword Link」

特定のキーワードにリンクをかけたい時ってありますよね。意識できている内は良いのですが、ふと忘れてしまったり、記事が膨大になってから全ての記事を修正していくというのは、大変骨の折れる作業です。そんな時には WP Keyword Link が使えます。インストール後、設定画面より、リンクを貼りたいキーワードとリンク先のURLを指定してあげるだけでWordpress内の該当キーワードのテキストが一斉にリンクに置き換わります。ただし、特定のキーワードが多すぎる場合には検索エンジンからペナルティを受けることも予想されます。そんな時には、1ページあたりの上限リンク数を設定することも可能です。ちなみにデフォルトでは3つまでと設定されています。

7.Wordpress内の全記事を一括置換。「search-regex」

「Search Regex」は運用しているWordpress内の記事、ページ、コメント全ての情報から、特定の文字列を検索、置換してくれるプラグインです。記事、ページ、コメントとそれぞれの対象範囲をセグメントしたり、一度に置換する量を調整したりと痒いところに手がとどく仕様となっております。

8.カスタムフィールドをフル活用して投稿時間を3倍短縮 「Advanced Custom Fields」

記事を投稿する時にカスタムフィールドを活用すると、コンテンツの運用は大変楽になりますよね。ただ、このカスタムフィールド、便利ではあるのですが、運用するまでのカスタマイズ、いわゆる実装までが大変で断念された方も多いのではないでしょうか?このAdvanced Custom Fieldsはそんな方のためのプラグインです。ドラッグ&ドロップで自分の使いたいようにカスタムフィールドをカスタマイズできます。Wordpressを複数で運用する際に、リテラシーが低い方がいらっしゃる際になどにご活用いただけます。

9.テーマのCSSを簡単に上書き。 「Simple custom CSS」

WordPressのテーマは大変便利なのですが、各ClassやIDがスタイルシートのどこにあるのか分からないときや、テーマのCSSをもっと簡単に修正していきたい、なんてときにはこの Simple custom CSS が便利です。このプラグインは現在適用されているCSSを変更することなく、新たにスタイルを適応することができます。よって、思い通りの形にならなかった時等は、 Simple custom CSS 内で追記した ClassやIDを削除するだけですし、本番環境への適用前等のテストとしても活用いただけるのではないでしょうか?

まとめ

その他にも多種多様なプラグインが存在していますが、自分自身が利用していて使いやすいものを挙げさせて頂きました。更新頻度が長いもの、すでにプラグインとしてリジェクト(削除)されてしまったものも多数存在しますので、常時アンテナをはって、情報収集される事をおすすめさせていただきます。また、プラグインをインストールしすぎるとWordpressの本体のアップデートのタイミングや、プラグインのアップデートに併せて不具合のリスクも高まる場合も多いです。色々試してみたくなるのも分かりますが、インストール前に本当に自分に必要なものか落ち着いて考えてから、実装するように心がけましょう。

The following two tabs change content below.

最新記事 by 小野寺大 株式会社感動コーポレーション (全て見る)